とっさの時に必ず役立つ – 防災グッズおすすめ –

あなたが震災後3日間生き抜くための防災グッズおすすめ

熊本県を中心に震度7を記録する巨大地震が、2回も続けて起きたのはまだ記憶に新しいところです。

東日本大震災に続き、再び日本中を震撼させました。

今後もまたこれと同じような、もしくはこれ以上の巨大地震が、今後日本のどこかで発生する可能性があることは考えられます。

今後特に心配されているのが南海トラフ巨大地震です。

この地震は、今後30年以内に70%の確率で起きるとも言われています。

もし本当に起きたら日本の経済的損失も甚大になります。

仮に南海トラフ巨大地震が発生したとして、この様な非常事態時に自分の身は守ることが出来たとします。

しかし電気、水道、ガス等のライフラインがストップしてしまった場合、この先どうして生活したら良いのでしょうか?

巨大地震が発生したら、あなたやあなたのご近所の人達も皆同様に被災するわけです。

つまりあなたの周りの人は、誰もあなたを助けてくれないかも知れません。

「明日は我が身か?」それが現実になり得ることも考えられます。

あなたが近くのコンビニに飲料水や食料を求めに行っても、同じように被災してる可能性が有ります。

当然のことながら閉店していたり、仮に開店していても棚には何も飲料や食料は無いという状態は有りうることです。

最近の巨大地震の経験から、2~3日間はライフラインが途絶える地域が多々あったことが知られています。

もしこうなった時に、しばらくの間はあなたの命を守るために自力で生き延びていかなくてはなりません。

その時にあなたの命を守るためのものが、防災用品です。

この防災用品は防災グッズとも呼ばれていて、3日間を生き抜く為の防災セットです。

では、なぜ3日間なのでしょうか。

通常の場合は、3日目以降は災害救援隊が来てくれたり、救援物資が届けられようになるからです。

巨大地震の震災時は、周りの人も皆自分の事だけで精一杯です。

しばらくの期間は、誰もあなたを助けてくれない場合が多いです。

つまり自分の身は自分で守るしか術がありません。

今も微弱地震は日本各地で頻発しています。

南海トラフ巨大地震にのみならず、他の巨大地震が発生した時の為に、避難訓練の積極的な参加や家族での話し合いも大事です。

それと防災グッズの準備をしておくことを、おすすめします。

今後防災グッズは、一般家庭に常時設置してある消火器と同じように、時設置しておく必要性があるものです。

防災グッズおすすめは、こちらからどうぞ。